大人ニキビと思春期ニキビ




大人ニキビが発生する原因

大人ニキビと思春期ニキビ

大人ニキビが発生する原因
皆さんは大人ニキビが発生する原因をご存知でしょうか。もしかしたら、このような呼ばれ方をしていること自体、知らなかったという方もいるかもしれません。しかし、どのようなメカニズムで作られてしまうのか知らないと言う方も多いと思います。まずは、思春期ニキビと大人ニキビの違いについてご紹介したいと思います。

一般的にニキビと言えば思春期に経験するものではないでしょうか。成長期はどうしてもホルモンバランスが乱れがちになってしまいます。そのため、顔にブツブツとできてしまうのです。しかし、大人になるにつれて自然と落ち着いてくるものですから、しばらくの間は適度にスキンケアをしてあげながらも放置すれば良いでしょう。

一方の大人ニキビは生活習慣の乱れやストレスによって発症する原因が多いもの。恐らく、今までに経験してきたであろうニキビとは少し事情が違います。当然、解決方法も異なるものですから、放っておいても治るわけではありません。状況によっては皮膚科へ通院するという方も見受けられます。しかし、社会人になってから「ニキビで休む(遅刻・早退)」というのは心苦しく、なかなかできないという方も多いと思います。

大人ニキビは発生部位ひとつとっても違います。思春期のニキビはおでこや鼻周りといった皮脂が集中しやすい部分(通称:Tゾーン)を中心にできるのですが、大人ニキビはあご、口周りを中心とした部分(通称:Uゾーン)にできやすいと考えられています。原因だけでなく、発生箇所も違うものですから、やはり治療方法も異なるというのはお分かり頂けるでしょう。

また、女性で乾燥肌気味になっている方も注意が必要です。思春期にできるニキビはオイリー肌だからなりがちだと考える方が多く、実際に発生している箇所を見てもそのような傾向があると思います。しかし、大人ニキビの場合は乾燥肌だからこそなってしまうというケースもあり、安心していられません。日々のスキンケアや生活に関するアレコレを見直すようにしましょう。

共通していることは肌の状態が適切ではないということです。ニキビはすなわち炎症ですから、肌がSOSのサインを出しているということがご想像いただけるかと思います。

誰でも生活スタイルを変えるだけで大人ニキビが改善できます。日々の暮らしの中で悪いと思われる原因をひとつずつ潰していくことで、自然と悩みが解消できるのではないでしょうか。当サイトではニキビ跡を手軽に消す方法についてご紹介します。